女性

リゾートバイトで趣味を楽しみながらバイトする

目指すは個人タクシー

車内

個人タクシー条件は厳しい

タクシー資格として目指すべき道の一つに個人タクシーがあります。個人タクシーを行うためには厳しい要件をクリアしなければなりません。年齢条件やタクシー資格の要件である二種免許保持などはもちろんのころ、タクシー運転手の経歴が一定年数以上ある事、そして一定期間無事故無違反であることなど様々です。個人事業者となるため開業資金の有無もかかわってきます。場合によっては地理試験を課せられる場合もあります。これらの厳しい要件をクリアして初めてタクシー資格の最高峰である個人タクシーの資格が与えられます。これらは地方運輸局の一般常用旅客自動車運送事業の許可及び譲渡譲受認可申請事案の審査基準に適合していなければなりません。

観光事業は収入増への道

個人タクシー資格を取得し晴れて個人タクシーの運転手になったものの、その収入を上げていくには努力が必要になります。一般的なタクシーの運転手であれば年収は300万円から500万円程度です。月に200時間程度の労働を行った場合の目安であり、それ以上の収入の為には稼働時間数を増加するか工夫が必要になります。個人タクシーの効率的な営業方法は固定客を増加させることです。企業などと提携を行ったり、観光案内を事業の一環として行うことで収入を大幅に上げることができます。特に北海道や沖縄は観光事業を行いやすく、沖縄は年中通して行うことができ、北海道は距離を稼ぐことができるメリットがあります。個人タクシーの営業努力はそのまま自分の収入に直結するのです。